【日本郵便】ギリギリラインで商品発送 集荷!窓口!がダメならポストで試してみる

こんにちわみいかです(o´艸`)

10月でまた郵便局の送料値上げには痛い思いしております(´;ω;`)

 

定形50g以内のゆうメールが88円から112円と、24円という大幅な値上がりがされたため、

なんとか小さな商品は普通郵便の82円、92円で送ろうと梱包にはかなり気を使っています。

 

現在、特約ゆうメールが定形50g以内だと112円の契約になっています。

これを普通郵便の82円で送ることに成功すれば30円の差が出てきます。

 

たった30円の差やん。と思うかもしれませんが小さな商品でたくさん注文の多い商品だと30円の差はかなり大きいです。

100個発送すると3000円。1000個発送すると30000円です。でかいです。

 

今回は自分の1つの対策としてやっていることを紹介して行きます。




普通郵便の82円

2021年4月追加
82円→84円に値上げ
92円→94円に値上げ

普通郵便82円切手は厚さ1cm以下と重さは25g以内になります。

 

Aの商品を梱包すると厚さが1.1cm~1.2cm。梱包次第では1cmいける感じです。
重さは26g~27gとギリギリアウトラインですw

 

やわらかい物ですので押し込めば1cmはいける感じなのですが郵便局の人の検査によってはいける時といけないときがありました。

基準がよく分かりませんね。

 

重さがギリギリアウトなので92円で送ればいいのですが1g~2gってかなり悔しいですよねw

それに10円の差は大きいですし値上がりする前は88円で送っていたのでできる限り82円で送りたいと
思っているのが私です( ̄▽ ̄;)

 

現状は商品代を値上げすれば問題解決なのですが競争率の激しい商品のためなかなかそれが難しいのです。

 

自分にしか扱っていない商品や競争率の少ない商品なら値上げできるのですがそれもなかなかむずかしいところです。

 

集荷で出してみた。

 

集荷の人と仲良くなるとアウトと分かってもいける場合があるのでとりあえず持って帰ってくれます。

契約をしている人は、【料金後納郵便差出表】があると思いますのでそこに普通郵便の欄があるので

金額を書いて提出していると思います。

 

 

3回中1回は引っかかって勝手に【料金後納郵便差出表】のお値段が変えられているパターンになります。

お値段勝手に変えといたから承諾のハンコだけここにお願いしますって形で話は進みます。

お客様を待たせたくないので返送されないだけまだましかとも思っています。

 

これは集荷の人がやっているのではなくて郵便局での内部作業している人たちの命令で集荷の人は動いていますので集荷の人には何も言わないです。集荷の人って可哀そう(´;ω;`)

 

ちなみに目を付けられていくと毎回引っかかってくるらしいので5回引っかかった時点で辞めました。

しかしこの5回ほど引っかかったとき、内容が結構バラバラなんですよ。

 

重さが1~2gアウトだったので82円ではなく、92円の方で発送させていただきました。のパターンや

厚さが1cm超えていたので特約ゆうメールの112円で発送させていただきました。等

基準がよくわからずかなり適当だなと思いました。

 

郵便局はちゃんとはかっていると言われてもこっちもちゃんと考えて梱包して図っているんですけど?ってなりました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください