学童が市によって全然違う問題について…引っ越し先の市の学童が最悪だった…

こんにちはみいかです(o´艸`)

2021年の春に引っ越しして転校先の学校のスクールゾーンについて前回、記事に書きましたが学童までもよくなかったので書きたいと思います。

市によって学童が全然違うことにショックを受けました…

 

前の学校の方がめちゃくちゃよかったなぁ…と引っ越しを後悔しているくらいのレベルです(笑)

 

【学童ってどんな場所?新1年生に向けての準備と学童の費用|学童は市によって全然違う!】

気になりましたら是非読んでください★
上記の記事は転校前の学校でよかった方の学童です!

前の方がよかったということは今の学童は全然よくないってことです。




 

学童が市によって全然違うかった…

一番最悪だったので非課税世帯に関係なく学童の月額の費用が掛かることです。
私は母子家庭ですので年収もあまりなく、非課税世帯でした。

 

市内から隣の市に引っ越しをしたわけなのですが、たった隣の市ってだけで費用が発生することにショックを感じましたね(笑)費用が掛かるだけでなく、土曜日の預かりやお弁当の有無なども違いました。

市内 隣の市
非課税世帯は月額0円 年収全く関係なく月額7000円支払い
お菓子費用のみ 7000円の中にお菓子代含む
土曜日も通常預かり 土曜日は無し・平日のみ
長期休みのお弁当非課税世帯は市が負担=0円 お弁当の用意は一切なく自分で持参のみ
19時まで預かる 18時まで預かる
イベント類有り イベント類一切なし
電話一本で子供帰宅可能(ただし17時まで) 学童に入ったら親のサイン書かないと帰宅不可
スケジュール帳があって管理しやすい スケジュール一切なし

違いを書きましたがすべてにおいて転校先の学童の方がデメリット多かったです…。

月額払うは…18時までしか見てくれないわ…土曜日預かってないわ…で最悪しかありません!

お金が無いので家賃を抑えるための引っ越しでしたが今頃お金に困っていなかったら市内の学校にやっぱり戻ります~で留まっていたことでしょう(笑)

 

夏休みや冬休みなどの長期休みの昼食も市内の学校では250円でお弁当が注文出来…非課税世帯はお弁当すら免除されてタダでお弁当を用意してくれるという最高な待遇だったのですが市内を離れただけでこんなにも学童が違うとは思いもよりませんでした。

 

スクールゾーンでの学校と警察の問題ごとでも頭を抱えていたのに学童の事にまで頭を抱えることになるとは何もかも終わっていました(´つω;`)

 

ただでさえ少子化問題で子供は貴重だと言われている時代なんですから、親が少しでも悩みを減らせれるようにちゃんとしてほしいものです。まぁ文句言ったところで今の市では何にも対応してくれませんでした。

 

お金さえあればとっくにこの市から出て行ってました(笑)

お金ってホンマ重要(笑)

 

【小学校のスクールゾーンや学校と警察との問題が多すぎて疲れている保護者の話|集団登校の問題など】

私の小学校での出来事で悪口な記事になっています(笑)
同じ経験されたお母さん・お父さんいらっしゃいますか??
学校に関してのアンケートも受付中です(o_ _)o))

 

学童に関しては残念な気持ちでいっぱいですが、今年3年生ですし学童を辞めてもいいやって思ったので辞めることにしました。お金ももったいないので…。本人は学童に行きたがっていましたが…夏休みも1回も行ってないのにお金だけとられているし、長期休みいくら利用しないってなってもその日だけの支払いストップとか融通聞かないし土曜日は預かってくれないし都合悪すぎです(笑)

 

引っ越しをする前はどんな学校なのか市がしっかりしている場所なのか確認しないといけませんね(笑)
特に一軒家を建てるときはそういうところまで考えたら一生、一軒家に住めなさそうです。




 

最後まで読んでいただきありがとうございました(o_ _)o))

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください