アマゾンマケプレプライムの権限の付与のメールには注意せよ!アマゾンの大きな落とし穴!!

こんにちわみいかです(o_ _)o))

私がアマゾンに出店させていただいて、早くも1年10ヶ月が経とうとした頃にアマゾンから【アマゾンマケプレプライムの権限の付与について】のメールが届きました。

 

本件は、出品者様の自社出荷におけるパフォーマンス指標がマケプレプライムの権限付与の基準を超えられました為、利用開始に伴う確認のご連絡となります。

 

このようにメールをいただきました。

 

アマゾンいわく、これを導入することによって売り上げが1.4倍にも増加するそうです。
しかしアマゾンのことですから何か落とし穴があるであろうと思い調べました。

 

なんせ、通販会社に勤めていた時、アマゾンを担当していましたからアマゾンのアカウント評価の維持が
とにかく大変でしたからね!!

 

そして私は知らなかった…このアマゾンのシステムを…



 



 
 

アマゾンプライムマークはアマゾン倉庫から発送されるとは限らない



私はこのアマゾンの【アマゾンマケプレプライムの権限の付与について】のメールが届くまで知りませんでした。

 

アマゾンのプライムマークがついていれば必ずアマゾンが管理している倉庫から発送されるとずっと思ってきました。

 

そのために出品者は出品している商品をアマゾンの倉庫に送って管理しているのだろう思っていました。
世はアマゾンのFBAのことです。

 

プライムマークがついている=アマゾンが管理していて、アマゾンの倉庫にいる人たちが発送の手配をしてくれると思っていましたが必ずしもそうでないことが分かりました。

 

アマゾンプライムマークの権限は誰にでも与えられるチャンスがあるということです。
こんな私にでも届いたのですから(笑)

 

アマゾンの人たちが発送していない場合もあることにちょっと残念な気持ちになりました。

 

今までにアマゾンプライムでトラブルにあったり、騙されたことはありませんが私のような一般人が送っている可能性もあるんだなぁ~と。発送をちゃんとしてくれれば、なんでもいいのですがアマゾンの出品者には日本人ではなく、中国人も混ざっていることが多いですし、何よりも騙されそうでちょっと怖いです。

 

プライムマークがついているからとかなり信用しきっていたところがありますからね。(汗)

 

少し私が思っていたことをお話しましたが、ここからアマゾンマケプレプライムのメリットとデメリットをお話していきます。

 

 

アマゾンマケプレプライムの導入のメリット

 

・FBAに納品しにくい商品を自己配送にできる

 

アマゾンマケプレプライムを導入することによって、長期期間保管できない商品とか納品できない危険物をFBAに納品しなくても自己配送でアマゾンの名前が使えることです。

 

アマゾンFBAに商品を送るときは高い送料がかかってしまうので、できる限り商品を詰めてアマゾンFBAに納品したいのはやまやまですが、私のように個人でやっているような出品者はたくさんの商品を持っていません。

 

アマゾンマケプレプライムを使うことによって無理に商品を送る必要もありませんし、アマゾンの名前を使えるということは、FBAに納品する必要も無くなります(笑)

 

売れるかわからない商品をFBAに納品するのは結構勇気がいりますよ。
もし売れなかったら在庫保管料がかかるうえに、時間を掛けて売り切ろうにも在庫保管料がかかると赤字は増える一方になります。

 

在庫保管料が発生する前に破棄の依頼をする必要がありますが破棄するにもお金が発生するため、かなり出費が痛いです。

 

高い送料払うわ、長期で売れなかったら在庫保管料が発生するわ、破棄するにもお金がかかるわでFBAはかなりリスクがあります。アマゾンは同じ商品を扱っている出品者がかなりいますからね(笑)

 

 

・FBAに納品する際の送料が抑えられる

 

2018年5月9日より、アマゾンFBAの納品先倉庫の指定オプションが終了となりました。

納品先を固定出来た時期は、商品を1つの箱にまとめて送ることが出来たので送料を大幅に抑えることが出来ましたが、このサービスが終了したことによって送料が大幅にかかってしまう事態となりました。

 

私の場合、1つの箱にたくさんの種類の商品が入っていたのですが、アマゾンFBAの納品先倉庫の指定オプションが終了したことによって、この商品は神川県へ、この商品は大阪へ、とアマゾンが指定した場所へバラバラで発送しなければいけない事態となりました。

 

箱が2つ必要なうえ、送料も2つ発送ですと2倍の送料が掛かってしまいます。

それを考えるとアマゾンマケプレプライムの導入をすることによって、送料が抑えられるメリットがあります。

 

まとめると導入のメリットは、在庫保管料、送料、破棄費用が抑えられるメリットです。

恐らく売り上げも上がることでしょう。

 

しかし、いい事ばかりではありません。
続いては、アマゾンマケプレプライムのデメリットを書いていきます。

 

 

アマゾンマケプレプライムの導入のデメリット

 

・時間の制約(縛り)が発生する

 

アマゾンに納品していると、24時間365日発送の手続きをしてくれるので夜中でも発送しています。
(夜中に配送業者が集荷に来るのか!?と疑問に思いますが…)

 

アマゾンマケプレプライムを導入するとアマゾンがやっているように自分も同じように対応しなければなりません。夜中に発送しろというわけではありませんが、毎日発送はしなければいけないでしょう。

 

アマゾンは届くのが早い!でイメージ付いていますからね。

それに抜け漏れが発生して発送遅延をしてしまうと、アカウントの評価にもつながりますのでかなり注意が必要です。

 

 

・返品・返金を求められた場合

 

購入者から「やっぱり要らない」、「サイズが違った」、「間違って購入した」などの理不尽な返品理由があった場合、商品の使用後であろうと問答無用で返品の受付をしなければいけません。

FBAで扱っている商品でも出品者の知らない間に返金なんて普通にあります。

 

アマゾンからどうしますか?の選択ではなく、返金しました。この商品は販売できない状況ですって連絡が来るだけです。

 

FBAならまだアマゾンが返品するための送料を負担してくれていますが、自己配送だと返品するための送料は出品者が負担しなければいけません。

 

販売の時もアマゾンプライムは送料を請求してはいけませんっていうアマゾンのルールもありますからね。
プライム会員の人は送料無料って決まっているので!

 

【ネットで購入した商品を返品しまくるモンスター返品者が続出!!企業の対策は!?】

ニュースでも取り上げられていましたが、購入者のマナーが悪い人が信じられないくらい多いんです。

 

故意破損、すり替え、ポイント不正、取り込み詐欺などの不正返品が非常に多いのでアマゾンマケプレプライムの導入はじっくり考えた方が良いと思います。

 

私ならアカウントの評価の維持や不正返品が多いし、それに対してアマゾンは購入者を守ろうとするので怖くて私にはとても利用できません。

 

それに毎日発送しなければいけないのも1人では無理です。休みなしとか無理です(笑)
郵便局は本当、融通利かないので!!

 

私個人の意見ですが、交代で発送手続きができるくらいの人手がいるのであれば、導入するべきだと思います。私のように個人でやっている人はしないほうが無難です。

 

花粉症に聞くジャバラジュースとは!?

 

アマゾンのお急ぎ便

 

皆さんアマゾンのお急ぎ便ってご存知でしょうか?
出店者はこのお急ぎ便のシステムを利用するかしないかの選択ができます。
勤務していた会社ではお急ぎ便をご対応していましたが、私個人ではお急ぎ便の対応は絶対にしませんでした。

 

購入者がお急ぎ便で商品を購入した際は、発送から次の日に商品が届きますってアマゾンで書いているんですね。本日発送の明日届く!みたいな標識があります。

 

自己配送である対応なのですが、これもアマゾンマケプレプライム同様、その日または次の日に発送しなければいけませんし、抜け漏れが発生して発送遅延があった場合は、アマゾンからのアカウント評価が下がります。

但し、その日発送は14時までのご注文で本日発送の設定をしております。

 

私が勤務していた会社ではお急ぎ便の対応はしっかりやっていました。

 

14時までのご注文は抜け漏れが絶対に無いよう、管理していましたし、忘れていた場合は配送業者の会社に直接持って行くくらいやっていたにもかかわらず、アカウント評価が下がり知らない間にお急ぎ便のシステムが使えない。。。などのトラブルはしょっちゅうありましたよ。

 

理由は発送してから次の日に商品が届いていないということでアカウント評価が下がっていました。
この理由がほとんどで、配送業者が遅延をしていることによるトラブルです。

 

私からしたら、そんなん知るかよヽ(`Д´#)ノ で怒りいっぱいでした。
じゃあ沖縄から北海道の発送で翌日に商品が届くと思っているのか!?
やることがめちゃくちゃだなって感じです。(笑)

 

アカウント評価が下がっては、お急ぎ便のシステムが使えなかったり、気づいたらお急ぎ便のシステムが復活しているなどめっちゃめんどくさいことが多いです。

 

会社は人手もいるし、売り上げを重視に考えているのでアマゾンの言いなりになりながらシステムを利用していましたが、私はあほらしくて使えませんでした。

 

アマゾンマケプレプライムでもお急ぎ便のシステムと同様、配送業者による遅延などの理由でアカウント評価が下がったりする可能性もあるので私は導入しませんでした。

 

皆さんならどうしますか?デメリットの方が多い気がしますがアマゾンマケプレプライムを導入したいと思いますか?(笑)私は全然思いません(笑)

 

 

アマゾンマケプレプライムの権限の付与についてのメール

 

【アマゾンマケプレプライムの権限の付与について】のメールが届いたらとりあえず利用するかしないか返答はしておいた方が良いと思います。

 

期限以内に連絡しなかったらスルーされるだろうなと思って放置していましたが期間を延ばしてメールは何回も送ってくるし、電話もしてきます。

 

メールは2日1回くらい、電話は3~4日に1回かけてきます。
結構しつこいのでそんなにアマゾンマケプレプライムを利用してほしい?(笑)って思いますね。

多分アマゾン倉庫の負担が少しでも減るように!だと思いますが…




期限が一週間伸びてメールが送られてきました。(笑)

そういえば、アマゾンから電話来ていたので折り返しの電話をしたら【現在この番号は使われておりません】ってアナウンスが流れた時は私騙されているんかなぁ?ってちょっと思いました。

 

電話がこんなことになったのでメールで見送りますって一言送ったら、しつこいメールと電話は来なくなりました。

今のところはいつでもアマゾンマケプレプライムの登録が簡単にできるみたいですね。
私は興味もないし、めんどくさいのでやらないですけど!!!

皆さんも導入するチャンスが来たらよ~く考えてから導入を検討してください!!!

 

 

最後に(マケプレの配送方法)

 

アマゾンマケプレプライムの配送方法がヤマト運輸か日本郵便のゆうパックとレターパックで配達が早い方法じゃないとマケプレの資格が剥奪されるかアカウント評価が下がるので運送会社と契約をしていない人は、利用は難しいと思います。

 

以上アマゾンマケプレプライムのメリットデメリットについて書きました。
私の意見も少し入っていますが、参考程度にお願いします(o_ _)o))

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(o_ _)o))



 



 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください